桑員ボーイズトップメイン画像 桑員ボーイズスマホトップメイン画像

桑員ボーイズ

個別ページ斜め画像01

NEWS&BLOG

  • ニュースブログ
  • 2020年9月22日

28期生 レギュラーとして初の大会は悔しい準優勝。。

28期生を軸にスタートした積水ハウス杯三重県支部大会

 

初戦ではキャプテン北陸翔②のホームランも飛び出すなど投打噛み合い順調に勝ち上がり決勝進出。

迎えた決勝戦は強豪伊勢志摩ボーイズ。先発は右腕中嶌莉央⑰

チャンスで3番大井悠介⑥の右中間を破るスリーベースで先制、その後もきっちりスクイズを決めて2点先制。

しかし、その裏ツーアウトからエラーがらみで同点とされ迎えた4回。

 

ピッチャー交代をきっかけに相手打線が爆発。

流れを一気に持っていかれて終わってみれば2-9(5回コールド)

悔しい悔しい準優勝となりました。

 

ただ、この試合で投手、捕手、サードという重要なポジションに一年生(29期生)に貴重な経験を積んでもらえたことは今後につながる好材料。

 

本大会準優勝で中日本大会への出場権も獲得!

 

悔しい悔しい負け。どう生かすか?今後にご期待ください!

 

「進化は反省の深さに比例する。」(いなべ総合 尾崎監督語録)